在宅勤務プログラマの陥りがちな罠

フリーランスだったり、副業として在宅勤務を刷るプログラマは増加する傾向に有る。個人で完結させられるような仕事だったり、在宅のほうが通勤時間などがなく効率よく作業ができるという点でプログラマは在宅作業に比較的に向いているといえる。

しかし人によっては在宅勤務では逆に効率が落ちたり作業の精度が落ちるといった人間もいる。ではどのようなプログラマが在宅勤務の罠に陥りがちなのだろうか。まずは仕事とプライベートの切り分けが上手にできない人間である。家にいると仕事に手が付かない、ついつい他のことに気を取られて仕事に集中できなかったり直ぐに趣味に没頭してしまう、また深夜型になってしまい作業の効率が落ちる人間などがいる。そのような場合は自宅に仕事に集中しやすい仕事部屋を作り、職場と同様の環境を自分の周囲に作っていくことで、気が散って作業ができない事態を避けられる。

趣味の物は持ち込まずにパソコンや資料などだけを仕事部屋において、その部屋にはいること自分で気持ちをうまく仕事モードへ持っていくのである。そうすれば職場と同じような緊張感を持って仕事に臨めるのである。とかく自宅勤務は緊張感がなく、集中力も途切れやすいので、自分で頭を切り替えられれるように何かスイッチを決めておくと良い。そうすれば自宅勤務のメリットを活かして仕事もプライベートも充実した生活を送れるようになり、またフリーランスとして稼いでいけるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です